占いの悪い結果は本当に悪い結果なの?占いで悪いといわれた時こそチャンス

占いの世界

占う時は「相談そのもの」に何かのシグナルがあるのでは?と考えています。

と言いつつも、このシグナルの理解は私も難しいです。

相談者の状況だけでなく、感情や思考も強く影響するので、シグナルと感じ取れるかどうかに掛かっています。

しかも、シグナルでは?と感じても、何も無いことも多いです。

こうなると何がなんだか分からなくなりますが、それでも「これはシグナル?」という感覚は残しています。

占い師は様々居て、占いの結果も多様ですし、それがいつも良いモノになることはありません。

いえ、占い師に相談するような状況ですと、その結果も大抵良い感じになりません。

良い感じにならないどころか、相談者にとって悪い話ばかり聞かされるケースもあるかもしれないです。

占いの結果の伝え方は占い師の経験と技量の影響が強いため、同じ結果を伝えるにしても占い師によって全然伝え方が違うことがあります。

占いに限らない話かも知れませんが、今回の占い師との出会いが全てではないし、奇跡の出会いであるかもしれない難しさがあります。

ただ一つ変わらない事は「そこに出てきた答えが何かに繋がっているかも知れない」ことです。

伝え方や細かい事では無く、吉なら吉、凶なら凶、良いタイミングなのか悪いタイミングなのか、良いのか悪いのか、あるいはそのどれでもない中途半端なのかです。

占いの結果に占い師の意図は入らないような仕組みになっているのが普通です。

たとえタロットのようなものでも、良い・真ん中・悪いという感じに暗示されます。

占いで出てきた結果の中に相談者の現状を折り込んでいくことで、占いの結果が意味することが明らかになっていきます。

この段階で占い師の意図が入ってきます。

良い面を引き出す占いにするのか、悪い面を引き出す占いにするのかです。

完全に占い師の意図を無しにするのはおそらく無理です。

相談者の現状を折り込んでいく中で、相談者が希望していることに合わせて行く作業が入るからです。

占いの結果を相談者にすり合わせていく段階は別にして、その前段となる「占いの結果そのものはどうなのか」がシグナルになってきます。

お話ししたように、占いの結果そのものは「良い⇔真ん中⇔悪い」をグラデーションの様に網羅して結果を伝えてきますが、「一言で言えば?」と問えば大抵3つのどれかになります。

この時に「悪い」となったとき、その意味は本当に「悪い」を意味しているのかです。

悪いの理解として
・力が足りていない
・タイミングが合っていない
・選択が間違っている
・相談者にとって嫌なことが起きる

という感じです。

この全てにおいて、果たして本当に「悪い」を意味しているのかです。

これは占いの受け方にもポイントがあるのですが、占いの答えが全て「自分が幸せになるためのヒントだとしたら?」と仮定すると、いろいろとすっきりします。

私は「凶方位だからといって全て悪いとは限らない」とお伝えしていますし、「必要なら凶方位でも行けば良い」と言ってます。

全ての運勢・運命・運気(の良い悪い込みで)が自分が生きるために必要だとしたら、「凶方位」と出たこと自体に意味があることが分かります。

大抵は「困難さ」を暗示していますが、「それでも」行くかどうかです。(いつもお話してる内容になっちゃう(笑))

相性を占って欲しいと言われるときにもお伝えするのですが、「相性が悪い」と出る事もあります。

相性が悪くても一緒に居たいなら、それで良いじゃないですか。

相性が悪い中でうまくやっていく方法を明らかにするのが占い師の仕事です。

「悪い」が全てにおいて悪いわけじゃないということです。

「悪い」を知ることで、「悪い」に対処し、「良い」を活かす様にした方が、なんでも楽しくなりますし、日々が充実していきます。

「悪い」が良くなることはたぶんありません。

悪いに対処しても多少は改善されるかもしれませんが、悪いものは悪いので、そこに力を入れるのは難しいです。

でも、「悪い」を踏まえた上でなら、出来ることの幅が拡がります。

だからこそ「悪い」と分かっていても、それを上回る気持ちがあるなら、悪い=チャンスです。

運勢・運命・運気といった「運」とつくもの全てがあなたのためにあるとするなら、「悪い」はきっかけであることが分かります

このきっかけをつかむ事は楽じゃ無いかもしれませんが、充実した未来に繋げる一つの目安です。

「悪い」と言われたときほど燃え上がっても良い、そういう見方もあるというお話です。

1
タイトルとURLをコピーしました