占いの悪い結果が良くなるとき

占いを受けると良いか悪いかが出てきます。

引越しや旅行先が凶方位なら「悪い」となります。

やろうとしている事が占い的に見て良い悪いという意味です。

私の所に相談されるケースは100%悪い100%良いよりも、55%悪い45%良いという感じでぎりぎりです。

中にはほぼ100%やめておいた方が良い(悪い)というケースもあります。

大切な事は「悪いから即止めた方が良いケース」はほとんど無いことです。

占いの見方は一つではありません。

違う占いで見ると大丈夫な部分が出てくる場合もあります。

占いだけでなく現実面での必要性もあります。

どうしても必要な事であったり、しなければならない事であったりです。

これらを総合的に占っていくと、大抵の占いの結果は何とかしていけることが分かります。

占いの結果と現実で想定される未来の受け止め方

私の占いでは、占いと現実から予測される未来を、どのように理解していくかです。

占いの結果が悪くてもやりたければやれば良いです。

占いの結果が良くてもやりたくないならやらなければ良いです。

極端な感じがするかもしれませんが、本当のことです。

占いで人生を左右する必要はありません。

占いをやっている私自身が「占いが良くても悪くても、私はどうしたい?」という中で折り合いをつけているのですから、占いを受ける人はなおさらです。

ただ、出来ればより良い形にしたいから、必要に応じて占いを使っています。

いつでも占いを使うのでは無く、ポイントを絞って占いを使うところに価値が出てきます。

そのタイミングは、引越しだったり、転職だったり、結婚だったりと節目に当たることが多いです。

だからこそ「悪い」と出るだけでは済まないことも多いです。

占い師は引っ越しが凶方位なら止めた方が良いと言うもの

占い師は悪い結果が出た時に「止めた方が良い」というものですが、私は「そうでもないかもですよ?」とお伝えすることもあります。

それが言えるのは現実と占いのすり合わせをするからです。

私の占いをその人用に調整したとき、出てきている結果をそのままその人に適用する必要がないことがあります。

出ている結果は凶方位だけど、この選択肢なら問題は出にくいのが分かることもあります。

反面、問題が出やすい、止めた方が良いという場合もあります。

一つの占いで悪いからといってダメにはならないことが多い

一面だけの評価ではなく、総合的な評価でこれならやってみても良いという目安が出てきます。

全てに良いということはなく、全てに悪いということもないので、どこに着目しているかです。

占い師も様々で絶対に止めた方が良いということもあれば、結構大変だけど、でもやる価値はあるのでは?と幅広くみる占い師もいます。

このようにお話をすると幅広く見る方が良いように見えますが、どちらの手法が良いとは言えません。

相談される方が可能性を模索しているなら幅広く見てくれる人が良いですが、自分で判断出来なくなっている人は押しつけるような占いが良いのかもしれないからです。

私は可能性を模索出来る方が良く、チャンスをつかみたいので、幅広い占いを好むだけのことです。

占いで悪いと出たとしても、占いによっては違う結果が出てくることもあることを知っておくと大分違います。

それともう一つ、占いで悪いと出て、それが当たったとします。

でも、人生は全部が良い、悪いには成らないとお伝えしてきました。

結局、占いで悪かったとしても、望んでいるものを手に入れた、悪かった結果を乗り越えていけたのであればどうでしょうか

ここに「何を望んでいるか」が大きく影響してきます。

「したい!」「欲しい!」という想いがあることは、大抵の不幸をはねつけます。

嫌なこと問題があることは、普通の状態でも起きるものです。

どうせ何かが起きるなら、望む事を選択する方向で如何にして良い形にしていくかの方が大事だと思っています。

その結果、占い的に悪くても、何とかしていく占いをしていくのが私の仕事です。

そういう占いの手法もあるってことです♪

内田ブログ2020年運勢カレンダー2020年運勢占い(リピーター様のみ)鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧