占いの「悪い」は悪天候⇒ストレスが掛かるのは当然?

九星気学・方位学の凶方位

占いの受け止め方については、ちょいちょいお話をしています。

占いは天気予報で、実際のお天気は現実です。

晴れもあれば雨もあるし、豪雨も災害もあります。

晴れで穏やかであれば物事は快適に進みますし、悪天候であれば問題が起きやすくなります(問題が起きるとは限りません)。

引っ越しの凶方位も考え方はこれと同じです。

天気が悪い「タイミング」で引っ越しをしようとしているわけです。

場所が大丈夫で準備もしっかりして、何かあっても対処が出来る様にしておけば、悪天候でもやっていけます。

方位も含めて占いがタイミングを見ることが多いのは、晴天と悪天を見定めようとするためであり、晴天のほうが過ごしやすいと考えるからです。

引っ越す前から問題が想定される、ストレスが予測される中で凶方位に引っ越しをすれば、それは大変だよな~って予想出来ます。

でも、だめじゃありません。(良くもないけど)

占いの「悪い」は天候の善し悪しだけじゃ無い部分があることは分かっていますが、それでも「方位」と「運勢」については天候の善し悪しという考え方が参考になります。

「今」で良いのか、「今」じゃないのか

「今」しかないのか、「今以外」でも良いのか

凶方位だから悪い、吉方位だから良いとはならないです。

天気がいくら良くても無理をすれば問題が起きやすくなります。

無理をしているので対処しにくく大変になったりします。

占いの善し悪しは現実を見直すための情報源になってくれますし、情報源にしかなりえないとも言えます。

占いは「現実の予報」です。

占いが何とかするのではなく、現実で何とかするのかしないのかです。

凶方位と分かったら現状の整理と問題の想定と備え次第で随分と違ってきます。

「凶方位だから諦めないといけない」というのではなく、同じ諦めるのであっても「無理をしすぎていないかどうか」で判断をした方が良いです。

凶方位は「無理をしていませんか?」と教えてくれるシグナルの一つですので、まずはそこからチェックしてみると効果的です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

この後もあなたの時間が穏やかで幸せなモノとなりますように♪

1
タイトルとURLをコピーしました