占いの「悪い」は、「全てが悪い」という意味では無い

何かのヒントになる?

占いの結果は良い時もあれば悪い時もありますが、ポイントは「あくまで相談そのものに対しての結果」ということです。

何を当たり前な?

となりますが、実際に特定の何かに対して悪いと出ているだけなのに、全部が否定されたような感じになってしまうことがあります。

「良い」と出たときには全部が肯定されたような感じになるので良いですが、全部が否定されたような感じになると厄介です。

たとえば、「凶方位の引っ越しになる(なった)」という占いの結果が出たときに、引っ越し以降の全部を悪いと受け止めてしまうかも知れません。

極端な感じに見えますが「○○に引っ越したら運気が下がって災難に見舞われる」と言われれば、誰だって不安になります。

これは占い師の伝え方に問題があります。

占いで大事なのは占いの結果そのものでは無く、相談者の状況・状態に合わせた「結果」です。

これはいつもお話するとおりです。

そして、仮に凶方位の引っ越しになったとしても、それで全てが悪くなることはありません。

関連性の高いモノが悪くなる傾向にあります。

たとえば、「引っ越しに至った理由」などです。

引っ越す目的が「凶方位」ということは、その目的を果たしにくくなる可能性が暗示されます。

それならば目的そのものに柔軟性を持たせ、何かあっても対処しやすいように備えれば良いだけです。

更にいえば、一つが悪くなったぐらいでぐらつかないように整えれば良いだけです。(私のお勧めはこちら♪)

備え方・整え方は人それぞれに合ったやり方がありますが、占いの「悪い」とはこの程度の事です。

何も考えずに突っ走って穴に落ちれば大けがをするかもしれません。

でも、「占い」とは予測であり、悪いなら無難に、無難なら良いにしていける目安を知る手法です。

「引っ越しが凶方位だったから不安」というのは、「向かう先に穴があるから不安」と言っているのと同じです。

「穴」と言っても様々有りますし、同じ穴に落ちるにしても「落ちる」と分かっていれば衝撃を少なく出来ます。

結果的にどう転がっても何とかなっていくということが分かります。

ただ、一つ気をつけておきたいのは、「今が大変な時の凶方位」は厄介なことです。

今が良くて凶方位の引っ越しなら、問題が起きないこともよくあります。

ところが今が大変な時の凶方位は、既に問題が起きている状態に拍車を掛けてくる可能性があります。

それでも「必要な引っ越しなら引っ越した方が良い」と私はお答えします。

無謀な行動はどうにもなりませんが、必要な引っ越しなら冷静に一つずつ改善していくことで状況を変えられるからです。

結果的に本人次第となるわけですが、「占いの悪い」が全て悪いわけではないことが伝われば良いのですが。

仮に全て悪かったとしても、一つずつ手がけて行けば現状は変わっていきます。

不安に振り回されるぐらいなら、何が出来るかを明らかにし、コツコツやっていけば良いです。

1年後には随分落ち着いた状態になっているものです。

いつも読んでくださってありがとうございます♪

八王子市の裏高尾にある千代田稲荷神社さんも大分綺麗になってきました♪↓

2
タイトルとURLをコピーしました