占いに合わせて引っ越し出来るの?

当たる占い師との出会い方

占い師は「自分の占いに合わせて引っ越しているのかどうか?」が今回のお話です。

結論から先にお話しますと、それぞれの占い師の中で「落としどころを見つけて引っ越している」が答えです。

吉方位の引越しの場合、年盤・月盤が吉方位が良いです。

「ほぼ無理」です。

いえ、これは「優先度」によって違います。

もし、年盤・月盤が吉方位の時に引っ越す事を最優先にするなら、その方位に収まる物件で決めることになります。

占い師さんによっては、そうする人もいると思うので、あり得る話です。

では、転勤族や急な引っ越しの場合はどうしているか?です。

転勤拒否や引っ越しをしないというのは無いので、方違え(かたたがえ)をすると思います。

方違えは言うほど簡単ではなく、2回引っ越しするモノだと思ってください。(簡単な伝え方をしている占い師さんもいますが、2回引っ越しとなればどうでしょう)

「引っ越しの方位のみ」を優先する人もいますが、大体は様々な要素を考慮しながら決断していきます。

私の場合は方位に加えてトータルバランスなので、依頼を受けた場合だけでなく、私自身の場合でも大凶方位だから引越し不可とはなりません。

どこに引っ越しをしようが、まずは「動かせない立地」、立地の融通が利かないなら少しでも良い家を選びたいところですが、それも難しいなら「家の中の運気の良い場所を活用」という感じです。

その後に引っ越しの時期や方位が入ってきます。

生活をする上での利便性・快適性が高まるほどに、他が悪くても許容できる範囲が拡がります。

占いの結果に合わせられる方が「占い的には望ましい」となりますが、それだけで現実が良くなるわけでも無いので、トータルで判断した方が良いという私のような占い師もたくさんいます。

凶方位には絶対引っ越さないという占い師さんもいて、それが生活の軸になっているなら可能になります。

何を重視するのか、そのために必要な優先順位はなんなのか、この辺をはっきりさせていけば、自分にとって必要な判断の目安も見えてきます。

2
タイトルとURLをコピーしました