占いで良い運勢と言われた時の過ごし方

何かのヒントになる?

今日の新宿は湿度がたか~い!

雨が降るからかな・・・。

雨が降る前に出来ることはちゃちゃっとやらなきゃと思っているところです。

さて良い運勢と言われたときにどうするかってお話ですが、これは良い運気と言われたときも同じです。

答えはシンプルで

良い時にこそ、時間を忘れて、可能な限り出来ることをやる

運勢・運気の良いときに「何かが起きるかも」と思うのが普通です。

実際は「何かを起こすこと」が本当のところかもしれないと思っています。

「待つ」のではなく、「運を取りに行く(回収しに行く)」感じです。

行動の仕方も20年前と今では変わってきました。

時間の流れが速くなっているため、自分から動いた方が未来に影響しやすいのが今の時代です。

運勢が良いときは時の流れが追い風になっていて、運気が良いときは何らかの運気アップのアクションをしたときか自然の流れかです。

これだけだと「今ある自分に対して」影響した結果が現実化しやすくなります。

これまでの積み重ねの結果以上にしたい

一方で運勢・運気の活かし方として、「今からスタートする」やり方があります。

どちらの実入りが多いか、どちらの期待値が大きくなるかは、人それぞれだと思います。

私の好みは「良い時に更に積み重ねて、今と未来の実入りを増やしたい」です。

良い時期と言われた時に、どんな良い事が起きるかは分かりません。

起きた出来事が本当に良い事かどうかも分からないです。

その時には良いと思ったのに、後になったら違ったとか・・・。

実入りが少ないと細かいところに気持ちが行ってしまいますが、「これを機会」としてしまえば、全部がチャンスになっていきます。

こういうのをポジティブ思考っていうのかな・・・。

こんな感じのお話は年始にもよくお話をします。

年末までに来年考えている事の準備を進め、年が変わったら本腰を入れていく感じです。

そうかと思えば、いつでも全力投球という人もいますけど(笑)。

「良い時期」なのに受け身のケースが意外に多い

でも、「良い時期」と言われて「何が起こるんだろう~」と何かを待つよりも、「良い時期」そのものを忘れて、これを機会に出来ることを増やしていくほうが結果的に良い感じになりやすいです。

言われてみれば当たり前な感じです。

でも、そもそも「良い時期」を知っていないと出来ない話でもあります。

いつでも全力投球の人であっても、「今が良い」と分かっているかどうかで未来も変わります。

機会を待っている人なら尚更です。

何かのきっかけで「今がどんな時か」分かったら、それに合わせてみてください。

それだけでも楽になることがありますし、結果が出やすくなることもあります。

まもなく満月ですが、これも時を知る一つです。

満月には断捨離!

満ちるものが欠けていくときに合わせているからこその目安になります。

いつも読んでくださってありがとうございます。

あなたの毎日が少しでも生きやすくなりますように♪

2
タイトルとURLをコピーしました