凶方位の引越しの影響を弱くするにはどうしたら良い?

九星気学・方位学の凶方位

凶方位に引っ越しをする時に不安になるのが「凶方位の影響」です。

この凶方位の影響は「不確定要素が悪さをする可能性の暗示」になります。

過去の引越しが凶方位で想ってもみない事が起きて大変でしたっていう話が出てきます。

起きた出来事は現実の出来事なわけですが、起きた後を振り返ってみると想ってもみなかった割に、「想定出来た」ことが多いです。

確かに想ってもみなかった事ですが、想いを巡らせておけば備えられた可能性がある内容です。

薄々気がついていたとか、気になっていたとか、そういうレベルも多いです。

これが「不確定要素」です。

凶方位も吉方位も占いの与える影響は「不確定要素」を中心に予測していきます。

不確定なので決まっていない、決めきれない部分なので、そこに「運」が作用してきます。

一瞬先は全て不確定ですが、目処が立っているかどうかで変わってきます。

引っ越しが凶方位と分かった時に私が徹底するのが、生活に大きく影響を与えそうな部分に対処をしておくことです。

家を建てる・購入するようなケースで凶方位なら、リストラにあっても大丈夫な体制を作るようとお話をすることも多いです。

転勤などで凶方位になるなら、仕事で大きな負担が掛かっても切り抜けられるように職場の近くに住むなり、何かあっても対応出来るような体制を想定し作るようにして貰っています。

お子さんが凶方位に掛かるなら、学校で問題が起きても対処が出来るような体制作りを意識して貰うこともあります。

全て見える部分の対処の話ですが、これらは全て不確定要素に備えることを意識しています。

不確定要素に備えることで確定部分を増やし「運」の影響を小さくしていきます。

「運」の影響が小さくなれば、現実の変化も小さくて済みます。

現実の変化が小さければ嫌なことが起きたとしても、対処しやすい範囲で収まってくれる可能性が高まります。

加えて、「運」の部分にはお守りとか運気アップとかで対処をしておけば、凶方位の引っ越し(運が悪くなる)であっても収まりがつきやすくなっていきます。

凶方位の引っ越しと気がついたら、ある意味でチャンスです。

曖昧にしていたことをはっきりさせるタイミングになりますし、未来を安定させることに役立ってくれます。

「悪い」からダメなのではなく、「悪い」なら悪いなりに対処をして無難にしていけば良いというお話です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

この後もあなたの時間が穏やかで幸せに包まれますように♪

2
タイトルとURLをコピーしました