凶方位の引っ越しを「止めて欲しい」「背中を押して欲しい」から占いを受ける人もいる

占いの世界

占いの役割の一つに「判断の後押し」があります。

決められない状況・動けない状況に力を貸してくれます。

前回、「気のせいで済むならそれで良い」という話をしました。

実際、「そこまで気にしているわけじゃないけど、一応確認をしてみたくて」って相談される人は結構います。

相談内容の軽重はあるにせよ、共通するのは「目安になるものが欲しい」ことです。

凶方位に引っ越すと分かって「悪いから止めた方が良い」と言われたくて相談される人もいれば、「凶方位でも引っ越す手もあるかも」と可能性を見いだしたくて相談される人もいます。

私に相談されるケースのほとんどは「引っ越す可能性」を模索している人です。

凶方位に引っ越しをする場合、方位の占いだけでは答えが出ません

方位の占いだけだと「凶方位への引っ越しは不可」としか答えが出ないからです。

方位の占いはいくつか種類があるので、違う占いを使えば「大丈夫」となることもあります。

しかし、相談者自身が気になっている占いで「何とかならないか」というのが本当のところなので、他の方位の占いでは解決策になりにくいです。

ここで占い師は二つの方向に分かれていきます。

一つはあくまで方位の占いで答えを伝えていく方向、もう一つは総合的なプラスマイナスで答えを伝えていく方向です。

方位の占いで答えを伝えていく場合は、引っ越す先が凶方位である限り「止めた方が良い」の比重が高まります。

総合的なプラスマイナスですと「○○だから凶方位でも引っ越す価値がある」となることがあります。

総合的なプラスマイナスでも「これは止めた方が良い」ということもあるので、「引っ越しありき」の答えではありません。

どちらの方向になりやすいかは、占い師の占いに対する向き合い方で変わってきます。

私は総合的なプラスマイナスの方が良いと思っています。

引っ越しが必要な状況は人によって様々で、引っ越さないで済むなら最初から引っ越さないだろう、と思うからです。

総合的な占いの場合、方位が吉か凶かだけで答えを出していくわけでは無いので、相談する人も自分の人生と向き合う形になります。

方位の占いだけの答えでも良いという人もいます。

どちらの傾向があったとしても、次の一歩を踏み出すために占いを受けるという人もいる、という話です。

もしかしたら、全く関係の無い占い師に相談をすることで、自分の中で答えを見つけようとしているだけかもしれません。

それでも何かの判断の目安が手に入ることで、次に進みたい人が占い師に依頼されている感じです。

0
タイトルとURLをコピーしました