凶方位の引っ越しが怖い時は、凶方位の旅行を再確認してみると良い

九星気学・方位学の凶方位

私と凶方位が怖いと思う人との違いがあるとすれば、「凶方位の実際のところ」を理解しているかどうかじゃないかと思います。

私も凶方位は怖いというか厄介だなって思っていますが、状況によっては気にする必要は無いとも思っています。

この「状況によっては」という引き出しがたくさんあるので、「〇〇の状況なら気をつけるにしても行く方が良い」とお伝えすることが出来ます。

とは言いつつも、引っ越し先が凶方位といった感じで気になるときは、家を買ったとか建てたとかで人生の大きな節目のタイミングが多いです。

こういう場合、本当は過去の引っ越しを参考にすれば、自分のケースはどうなのかが分かりやすくなります。

「方位」という目安が使えるかどうかがハッキリするからです。

ただ、そういうのが難しい場合は過去の旅行を振り返ってみると良いです(1泊でも良いですし、なんだったら日帰りでも良いです)。

それも難しい場合は、就職や入学まで遡れば、はっきりと方位を出すことが出来るでしょう。

人生の節目の方位の吉凶は、現実に近い事が多いので使える情報になります。

過去の方位の状況と現実を比較してみて、方位の状況が現実に近い場合は凶方位に引っ越す時期を変更するか、それが難しい場合は日にちだけでも良い日を選んでいきます。

凶方位が問題を持ってくるというよりも、問題が起きるような選択と行動をしている可能性を凶方位が暗示している感じだからです。

一方で過去の方位と現状を比較してみても思い当たる感じが少ない場合は、少なくとも「方位の吉凶占い」は気にしなくて良いです。

占いの悪い(良いも同じ)には度合いがあり、ほぼ現状に影響を与えていない「悪い」もあれば、「強く影響を与える可能性がある」というのもあります。

その強弱をみるために過去の現実と比較して明らかにしていきます。

そうは言っても怖いとなると思うのですが、小さい可能性に振り回されて「今」を台無しにしてしまうのは勿体ないです。

いつでもどんな時でもマイナス面は付いてきますし、もちろんプラス面もあります。

あまり深みにはまりすぎると、最終的には「何も出来なくなる」ものです。

占いは「幸福度を高めるため」に使うモノですので、深みにはまり始めたら占いから離れた方が良いです。

そういう幸せもありますので。

いつも読んでくださってありがとうございます。

この後もあなたの時間が穏やかで幸せなモノとなりますように♪

1
タイトルとURLをコピーしました