凶方位の引越しはだめ?

凶方位に引っ越すと不運に見舞われる、不幸になるという情報を見かけることがあるかもしれません。

「凶方位に引っ越した後が大変だったから、やっぱり凶方位に引っ越さない方が良い」というツイッターを見かけました。

大凶方位に引っ越しても良いですって私自身ツイートしました


大凶方位に引っ越さないで済むならその方が良いと思います。

これは私も同じ見解ですが、引っ越しの事情、旅行の事情は人様々ですので、「ダメだ」というだけでは情報が足りないですし、救いがありません。

凶方位の影響を実感出来るなら、吉方位の影響も実感出来る

凶方位の影響を実感出来るなら、吉方位の影響を取り入れていけば運気を変えられることが分かります。

また、大凶方位に行くしかないのであれば、その人の現状の全体を把握し必要な手を打つことで対処することも出来るというお話です。

これは大凶方位に対する対処ですが、大凶方位に引っ越したり旅行をする事で起きる不運・不幸について、どのように理解するかです。

勘違いしやすいのですが、「大凶方位に行かなくても不運・不幸が起きる可能性はある」という点です。(参考:「運気が良くても運勢が良くても、嫌なことやトラブルは起きる」

大凶方位は運気が下がる事を意味します

運気が下がるということは、踏んだり蹴ったりになりやすい可能性があります。

今起きて欲しくないことが立て続けに起きる流れに乗っているということです。

凶方位に行くと備えがおろそかになる部分から大崩れしやすい傾向があります。

手抜きをしていても普段ならなんとかなっていたことが、急にトラブルを引き起こし始めたりします。

自分は健康だからと無理をしていたら、大病が出てきたりなどです。

不注意、過信、慢心など人の弱い部分が増長され、不運、不幸を現実化させやすくなります。

でも、不運・不幸は凶方位じゃなくても起きます

凶方位を占う占い師にとって大事なことは、凶方位だけで人生を占うと選択を間違える可能性があることを理解しておくことです。

凶方位は一つの暗示であり、必要な凶方位もあれば、避けた方が良い凶方位もあります。

それらを見極めるのが占い師の仕事ですし、単純に吉凶を占うだけでは分からない部分です。

凶方位を避けていれば大丈夫ということでもないのです。

凶方位が暗示の一つなら、他の目安で他の部分の見極めが必要になることもあります。

人の運命、人生を占うことの複雑さ

ただし、その時々で人生に強く影響を与える部分がきわだって分かりやすくなることがあります。

強く影響を与える部分を上手く調整出来ると、全体的にうまくいきやすいです。

それと凶方位の影響に対処するコツは、見えない部分で何とかしようとするのではなく、現実面で打てる手を考え、備えていく方が圧倒的に効果が高いです。

物件購入などで、凶方位に引っ越しをするとローンが払えなくなる可能性があるとお伝えするケースがあります。

凶方位の影響でリストラにあったり病気になるから、というほど明確な因果関係は証明出来ません

凶方位で引っ越しをしようとするときの現実面を見ると、無理をしていることがあります。

その無理が先々で人生を狂わせる可能性があります。

凶方位に引っ越したから縁起が悪いとかではなく、問題の起きやすい可能性があるなら対処をし、備えれば問題が起きる可能性を低く出来ますし、起きないで済むかも知れません。

この辺まで読み切って占ってくれる占い師さんなら、凶方位だから悪い、吉方位だから良いというような二択にはならないです。

凶方位に引っ越しは避けられるなら避けた方が良いとは思います。

でも、引っ越しや旅行などは吉凶だけで語れない部分もたくさんあります。

それらも含めてトータルで整理をすれば、自分にとってどういう選択が望ましいかも見えてきます。

一緒に読んでみてください↓

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧