凶方位に引っ越して悪い事が続いてる?吉方位に引っ越すしか無い?

九星気学・方位学の方位の効果・影響

引っ越してから悪い事が続いている気がして、あれこれ調べてみたら「凶方位の引っ越しだったみたい」というのがあります。

凶方位の引っ越しだったから悪い事が続いているかどうかは「何とも言えない」が答えです。

ここを断言する占い師さんが居たら、ちょっと怖いので近づきたくないです。

占いの結果を見るとき、占いに都合の良いような見方をしていないかどうかのチェックは、常に必要です。

そうじゃないと何でも占いに都合の良いように解釈出来てしまいます。

吉方位は人生の追い風、凶方位は人生の向かい風とお伝えすることが多いのも、吉方位・凶方位が起きていることの「原因になる」とは言えないからです。

崖っぷちに立っている時に風が吹けば、気をつけていても落ちます。

上り坂で追い風が吹いてくれれば、過程は同じでも労力が少なくて済みます。

どちらも「凶方位・吉方位」そのものが原因ではなく、崖っぷちに立つのも、上り坂を登るのも自分が原因です。

凶方位に引っ越した後に悪い事が続く場合、「凶方位に引っ越した」というのは悪い事に追い風を吹かせているだけで、「悪い事」そのものではないことに気がつけるかどうかです。

吉方位も同様で、良い事が続いたとしても、「良い事」そのものは自分が原因になっています。

凶方位に引っ越したから悪い事が続いたのではなく、悪い事が起きる原因は既にそこにあり、引っ越しをきっかけとして現実化していった可能性を考慮するほうが、冷静に状況分析が出来ていると思います。

凶方位に引っ越したら、吉方位に引っ越さないとだめってならない理由もここにあります。

まず向き合うのは「起きた悪い事」であって、「凶方位に引っ越したこと」ではないです。

現実に対処しつつ次の手を考えるのですが、それでも「吉方位に引っ越しをする」選択肢は出てきません。

凶方位・吉方位は運気の上下を意味することを理解していれば、吉方位に引っ越してどうのこうのではなく、「下がった運気を上げるにはどうしたら良いか?」と考えます。

でも、吉方位に再度引っ越しをしようとならないのは、そのストレスは半端ないですし、占いに理解のある家庭でも経済的な負担が強烈なので、「吉方位に引っ越したのに家庭内はぎすぎすしている」となりかねません。

答えとしては「現実的な対処を積み重ねる」です。

引っ越しは環境を変える事にも繋がるため、吉方位に引っ越して運気が上がったとしても、それ以外の部分で今までとは違うストレスや負担が掛かることがあります。

このため再度の引っ越しは運気以外の影響が未知数で、リスクが大きく現実的とは言えません。

「運気が下がるなら運気を上げる対処をする」ことです。

運気の向上が運気の低下を上回れば、目の前の流れも変わります。

もちろん、悪い事にしっかり対処をしていることが大前提ですが。

最後にもう一度、「凶方位に引っ越したら、吉方位に引っ越した方が良いかどうか」ですが、私に相談された方には吉方位・凶方位だけで言ったとしても「必要は無い」と伝えます。

そこに掛かる費用や労力を他の所に使った方がうまくいきやすいからです。

判断基準を吉方位・凶方位に限らないとすれば、総合的な快適度や運気の状況で判断していきます。

結果的に吉方位に引っ越しを「しなければならない」理由は見当たらないです。

2
タイトルとURLをコピーしました