凶方位に引っ越しても、実際にはどうなるか分からないのが現実です

九星気学・方位学の凶方位

占いの怖いところは、あたかもそうなるような気がしてくることです。

結婚出来ると言われれば結婚出来そうな気になるし、病気になると言われれば病気になるかもと不安になったりします。

結論から言えば「実際のところは分からない」が本当の所です。

「でも、本に書いてある」とか、「占い師に言われた」とか、あると思います。

「確実にそうなる」と言った段階で、既に占いではなく予知・予言です。

それでも何らかの答えを明示するのは、過去の傾向を読み取って未来をお伝えしているからです。

それでも占い師の話は「可能性」であって、「どうなる」に明確に答えを出すことは難しいです。

明確でないからこそ、出来る事もたくさんあります。

凶方位に引っ越すことが分かったら、身の周りをすっきりさせて、何かあったら対処出来る様にしておきましょうっていうのも、これが理由です。

凶方位に引っ越したから問題が起きたのではなく、もともと問題が起きる温床があって、引っ越しをきっかけに現実化した可能性があります。

「それならば凶方位に引っ越したから問題が起きたと考えられるのでは?」と思う人もいるかもしれません。

私としては、問題の温床が解決されていれば、その問題は起きなかったと予測していますし、実際にそのケースが目に付きます。

「起きた問題」をみていくと、「起きやすい環境を作り出している」ことも分かってきます。

問題を起きにくくするためのコツとして、「きっかけ」を外してやる手があります。

何がきっかけになるか分かりませんので、問題になりそうなことを先んじて手を打っておくことが効果的です。

あるいは同じ凶方位でも当初予定をズラして少し凶方位の影響を外してみるのも一つです。

時期がずれることで何かが変わる可能性もあるからです。

「凶方位」と分かったから備えたり対処したり出来るという意味では、凶方位にしろ吉方位にしろ分かる事に価値があります。

しかし、「凶方位」と分かったことで振り回されてしまうと、価値が無いどころかデメリットの方が大きくなります。

占いは現実に対して解釈を与えてくれるツールであり、現状を分析し、より良い方向に微調整することに役立ってくれます。

占いが幸運を運んでくれるわけではありませんし、占いを知っても知らなくてもなるようにしかなりません。

凶方位に引っ越す・引っ越したから不幸が起きると考えてしまうと現実を見失いやすくなり、普段ならあり得ない選択をしやすくなります。

凶方位だからではなく、凶方位を一つのシグナルととらえ、現状の対処を徹底することです。

1人で対処が難しい場合は周りの力を借りる良い機会なのかもしれません。

占いの「悪い」は未来を確定しているわけではなく可能性なのですから、未来に対してのメリットデメリットを比較して判断していくほうが効果的です。

「悪い」が現実化しても何とかしていくだけの価値があるなら選択した方が良いです。

選択の余地が無い場合も、同じく選択していきます。

選択の余地がある場合は状況次第で判断していけば良いです。

結局、占いを参考にしつつも現実的に判断をしていく形に収まっていきます。

まずは冷静に現状の把握をし、占いが言うようなリスクを想定し、備えていく。

もし出来るなら、そして必要なら多少タイミングをズラしていく、引っ越すか引っ越さないかとか、凶方位に引っ越したからとかで占いに振り回されるよりは余程理に適っていると思います。

いつも読んでくださってありがとうございます。

この後もあなたの時間が穏やかで幸せなモノとなりますように♪

1
タイトルとURLをコピーしました