凶方位に引っ越した人は意外に多い?

凶方位に引っ越すかも知れない人(または引っ越した人)が気にするのは「凶方位に引っ越した人だって結構いると思うけど実際どうなの?」だと思います。

実際に凶方位に引越しをする人はたくさんいます(占い師も含む)し、占いを受けた後でも凶方位に引越しをするケースは多いです。

それでも大丈夫なのかどうかですが、意外と何とかなっているように見えます。

私の占いでは「凶方位は避けたいけれど状況による」という基準で鑑定を進めています。

これはバランス重視の占い方法で、正解か不正解かではなく、現状におけるベストの選択肢を占っていくやり方です。

不安が強くなると何とか凶方位を避けたい、不運を避けたい感じになって、無理な選択をすることがあります。

良い方向に向けたくて大きな無理をすることで、吉方位なのに実生活で問題が起きることがあります。

方位の現す運気は悪くなくても、他の部分でおかしな状態になっています。

無理を通すと狂いが生じます

無理を通すと問題が起きやすいので、いきなり無理をしなくても良い選択肢を探します。

私が方位鑑定の時に、良い状態を目指していくけれど今すぐは無理だから、良い状態に向けて舵を切るところからスタートした方が良い、とお話することがあります。

凶方位はダメから無理をしてでも吉方位にするのではなく、凶方位を選択する中でも少しずつ良い状態に向けて流れを変えていく感じです。

無理をした方が良い時もありますが、その辺は相談者自身も身に覚えがあるので、どちらが良いかは話が早いです。

占いが現実を無視することは無く、鑑定を進めていけば、今できる範囲で落としどころを見つけてくれます。

凶方位でも大丈夫?

凶方位で大丈夫かどうかには一つ目安があります。

今が大丈夫かどうかです。

今、何かと問題を抱えている、あるいは問題を抱え始めているならば、このまま予定を進めていくとひどくなる可能性を秘めています。

一度立ち止まって、対策を考えた方が良いです。

一方で、今が大丈夫なら「何かあるかもな~」ぐらいは気をつけて、今までよりも少し慎重に物事を進めていくと良いです。

気にした方が良い人、そうじゃ無い人がいるので、その見極めをした上なら凶方位でも大丈夫です。

占い師によっては凶方位は絶対にダメっていうケースもあると思いますし、そうじゃ無い占い師もいます。

私は無理な感じで物事を進めようとして問題が起きている人を多く見ているので、出来るだけ穏やかに修正していく方をお勧めしています。

最初にお話をしたように、凶方位に引っ越しをする人は多いですし、その結果、特に何も無いという人もいます。

一方でものすごく大変だったという人もいます。

どのケースであっても、その人に合った選択をしていく事が落としどころになります。

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧