凶方位だから引っ越したらダメ、吉方位は良い、では無い

九星気学占いと方位

占い師に相談して、「〇〇は凶方位だから引っ越したらダメ、そこに引っ越すなら〇年後の吉方位じゃないとダメ」みたいに言われることもあると思います。

これは分かりやすくするために「凶方位はダメ・吉方位は良い」と言っているだけです。

方位と現実をすり合わせしていくと、この人のこの凶方位なら引っ越してもOK、これは吉方位だけど止めた方が良い、と出てきたりします。

ポイントは「占いと現実をすり合わせる」部分にあります。

通常、占い師さんは出てきた占いの結果と相談者の現実を意識的・無意識的にすり合わせます。

何も言わなくても占ってくれるかもしれませんが、その結果を相談者の現状に合わせないと「?」ってなることも多いです。

占いの結果は相談に対する答えではありますが、その人用に特化する前なら、同じ条件に当てはまる人は同じ答えになります。

厳密には同じ条件というのは有り得ませんが、近い条件なら同じ答えになることがあります。

でも、近い条件のAさんとBさんは「同じ人」ではありません。

「同じ人」ではないのに同じ答えなら同じ理解になるかというと、置かれている状況・環境・経緯などが違うのですから、同じ答えでも理解は異なります。

この辺の説明は難しいですし人によって異なる答えになってしまうので、分かりやすいように「凶方位はダメ・吉方位は良い」と話をするわけです。

占い師さんにとってもその方が楽ちんだったりします(笑)

実際は、人によって方位の吉凶の理解ですら様々違いますし、実際に違います。

凶方位だけど大丈夫な人もいれば、吉方位だけど止めた方が良い人もいます。

判断基準は、思い当たる問題が起きていない現状があり、何かあっても対処が出来るだけの余裕があるなら、大抵の凶方位の引っ越しは大丈夫です。

問題が起きないという意味合いでは無く、問題が起きる可能性が低く、起きても対処しやすいという意味合いです。

気をつけることは気をつけつつも、「凶方位だからダメ」と単純にはなりません。

一方で吉方位であっても、無理を重ねてなんとか引っ越すとか、引っ越すことによって大きな負担が掛かることが分かっている場合は、再考した方が良いです。

「吉方位であれば何とかなる」と思うのはリスクが大きすぎますし、実際に良い感じにならないことが目に付いています。

こんな感じで「凶方位だからダメ・吉方位だから良い」は、嘘では無いけれど、それだけではないことも多いっていうのを知っているだけでも違います。

もし、凶方位でどうしようもないと思った時は、現実を振り返って対処が難しい状況にあるのか、無理をしていないかどうかなどをいろいろと考えてみてください。

現状次第では「なんとかなりそう」となることも多いですし、そこまででなくても現状が把握出来ることで精神的に相当楽になります。

3
タイトルとURLをコピーしました