何をしても辛い時こそ、自分に贅沢にしてあげる

願いが叶わない、辛いことばかり起きる、物事が思うようにいかない時は、出来れば一旦中断して、睡眠、おいしいものをたくさん食べる、身体を休めるが基本です。

本題ですが、物事が思うように行く行かないは、現実にいくらでも起きます。

だからこそ、上手くいかないときのセルフケアなど、自分を癒やす環境を意識的に作る必要もあります。

人それぞれ癒やしは違うと思いますが、自分の中で肩の力が抜けるものを取り入れます。

こういった形で自分のバランスを調整をする他にも大事なことがあります。

私の所に相談される時は、何とかしたくて相談されます。

私の占いは、如何にして具体的な方向性を見いだすかを大事にしていますので、今すぐやることが出てきます。

同時に必要に応じて運気アップも考慮していきます。

でも、言ってみればそれ以上に出来る事はありません。

やることをやったら、時が過ぎるのを待つしか無い

時を待つしか無いからと言って、そのほかの事をおろそかにして良いわけでは無いです。

自分が望んでいることに対してやれることをやったら、あるいはやれることをやりつつ、後は身のまわりの必要な事をこなしていきます。

これが自分のバランスを取り戻す(維持する)上で重要になります。

現状がどのように動こうとも、日々の必要な事が自然となくなるわけはありません。

日々生きていく必要がありますので、炊事洗濯家事親父、そして仕事などはついてきます。

これを後回しにすると、更にストレスが積み上がっていきます。

緊急時にはこれらの労力を可能な限り省くことも必要になりますが、山を越えたら目の前の事に取り組まないと後が大変で、そこから更に問題が発生することも多いです。

望む事に対して「他に出来る事は無いだろうか」と探す事も必要な場合がありますが、これまで取り組んだ結果が出てからで無いと苦しくなってきます。

自分の望んでいることに対して「今」できることは、一つか二つ

出来る事は少ないのに、もっともっとと望んでも、地に足が付かず焦ります。

この焦りが更に自分を苦しめるのですから厄介です。

望んでいる事はある、しかも、やることはやったとなれば、今は目の前の必要な事をやるだけです。

それらをこなしても手が空くときに、他の可能性を見いだしていきます。

やることをやったら最低でも3ヶ月は様子見です。

その間は今必要な事に力を尽くすときです。

タイトルとURLをコピーしました