仕事運が悪い・金運が悪い・〇〇運が悪いから嫌な事ばかり続いている?と感じる時に現実的に必要なこと

運勢・運命を占いで使いこなして開運

昨日、オリンピックが正式に開幕しスタートしました。きれいだった~(テレビ越しだけど)

いろいろとごたごたしている中でも「やるしかない」という状況が、「凶方位だけど引っ越すしか無いのでどうしたら・・・」と相談される人の姿にかぶります。

あれこれと不安を抱えるよりも、「よし!じゃあ、ここからどうしていくか」を考え、行動に移した方が、物事は良い感じになりやすいです。

それと今日は満月ですね。(「満月の願い事の書き方・叶え方(7月は24日のバクムーン、次は8月22日が満月)」

昨日の夜のお月さんは綺麗だったと思います(今日も綺麗かな)。

土用期間中でもあり、満月も重なり、人の気が荒ぶりすぎないでいてくれたらなって思います。

危なそうな所に近づくと巻き込まれやすくなるので、近づかない方が良いかと思います。

今回のテーマは「嫌な事」についてですが、特に「運が悪くて嫌なことが続いている」と思ってしまうケースです。

これは昨日の「運気が悪い時、何をしたら良い?⇒何かをするよりも、何をしているかをチェックした方が良い」と似ています。

「運」を「運気」と置き換えればそのまま使っても良いぐらいです(笑)

仕事運・金運・人間関係運という感じで「○○運」と使っている場合の「運」は運勢に近いモノとして私は見ます。

「最近仕事運が悪いみたいで」ってなると、時の流れの影響を受けている感じがするからです。

運勢であれば良い時もあれば悪い時もあるのと、もう一つ「今、何に集中したら良いか」というのが運勢にあります。

運勢にはそれぞれ集中した方が良い時期があります。

仕事に集中した方が良い時期もあれば、プライベートの充実に集中した方が良い時期もあります。

仕事の時にプライベート、プライベートの時に仕事に集中していたら、良い感じになりにくいのはしょうがないです。

人間関係がうまくいかないっていうのも、もしかしたら今は一人になって目の前のことに集中した方が良い時期かも知れません。

集中するモノがズレている時はストレスを感じるので、「なんかうまくいかないな~」と感じてくるのもしょうがないです。

ただし、ズレているからといって、物事がダメになるとかそういうことではなく、普段よりしんどさと労力が大きいぐらいです。

こういう流れの時に「○○運を良くしたい」となった時は、どこかに行って何かをするとかではなく、自分が今、何に集中したら良いか(どういう運勢なのか)を知り、微調整した方が良いです。

周りの影響を受け振り回されてしまい、自分をうまく扱えない場合もあります。

こういう時であっても、可能ならば自分のことを先に片付けてしまいます。

周りの影響を受けている時は自分よりも周りを優先しやすいですが、その結果、自分のことが後回しになってきますので、そこに対処していきます。

あれ?運を良くするのは?ってなりますよね!

なんか〇〇運が悪いな~って感じる時は、〇〇運に問題があるよりも、自分の身の振りや置かれている状況に思い違い・掛け違いが起きやすいです。

たしかに、もしかしたら実際に〇〇運が下がっているかもしれませんが、〇〇運が下がっていると感じたら、〇〇運そのものよりも「自力=元気」が下がっている可能性の方が高いです。

〇〇運が下がっている時も「自力」が下がっているときも、対処としては「運の良い場所=運の強い場所」に行くようにします。

「運の良い場所」とは、運が整えられている場所・運が整う場所の事で、神社などを指します。

身近な例で言えば、家の中で運気の良い場所に居る時間を長くするのも良いです。

「運の強い場所」とはパワースポットなどですが、私は天然温泉を勧めています。

「天然温泉」は自然の力そのものなのでオススメです。

〇〇運を上げるといっても、そもそもピンポイントで何とか出来る話ではないので、全体の底上げをしてカバーする方法です。

大事なのは〇〇運に意識が向きすぎて、目の前の嫌なことから意識がそれないようにすることです。

どこに掛け違いがあるのか、自分なのか周りなのか両方なのかに意識を向け、状況の把握を進めます。

面倒くさいですよね。

だから〇〇運が下がってるみたいだから、運を上げるにはどうしたら良いですか?ってなりやすいです。

でも、面倒くさいところに大体掛け違いがあります。

〇〇運が下がったと感じる時ほど、見直すのに丁度良いタイミング、これがシグナルの気づき方です。

1
タイトルとURLをコピーしました