今、吉方位旅行に行った方が良い?旅行以外の「同会月」の目安

九星気学占いと方位

気学的には今年の8月8日~9月7日を同会月(どうかいつき)と呼び、今年一番方位の影響が強くなる時期とみます。

コロナの影響を強く受けている現在、旅行の話はリスクです。

「言葉」にした段階で一人歩きするリスクもあります。

だから、同会月の時期になると話をするかどうか悩みます。

私としては「状況に応じて判断するので良いのでは?」とお伝えしています。

せっかく旅行に行けるのであれば行って欲しいなって思う反面、行く人だけでなく、周りへのリスクを背負うことにもなります。

占い的に分かっていることもあります。

吉方位旅行だからといって「大丈夫な事は無い」ということです。(言い換えれば「凶方位だからといってダメなわけじゃない」ということでもありますが・・・)

運気が上がるのであれば、コロナであっても大丈夫でしょ?というのは危ういです。

もしかしたら何かあってもうまく収まるかも知れません。

でも、最初からリスクを取っていなければ(旅行に行っていなければ)、問題にならない話でもあります。

ただ、「吉方位旅行に行くぞ!」と思っていかなくても、旅行やイベントが発生することはありますし、断れないこともあります。

「同会月」とは移動やそれに関連するイベントの運気に強く影響する時期とみます。

分かりやすく?言えば、良い事も悪い事も極端になりやすい時期です。

このため吉方位旅行に行くかどうかは自己判断として、何らかの行く必要がある移動(旅行・出張・引越しなど移動が関連する全て)や参加する必要がある出来事に関して、その善し悪しを方位的にどんな状況にあるのか知っておくのも一つです。

「知らなければならない」わけではなく、自分の状態が気になる時の目安に出来るよって話です。

イマイチな時は大体イマイチな感じの事をせざるおえなくなり、イマイチな方向にひきずられやすいです。

避けたくても避けにくいからしょうが無いですし、下がる運気をそれで何とかしようとするのも出来ません。

でも、分かっていれば踏ん張りが利きやすく、何かあっても無難な形に終わらせる可能性を高められます。

一方で良い感じの時は、これを機会に普段よりも踏み込んで行動すれば、追い風を味方に出来ます。

「同会月」はこういった感じで自分の運気の動きを予測し、現実に備えることにも使えます。

旅行にいきた~い!って感じの人もいると思いますが、少なくとも行くなら収束の時期を見極め、拡大の時期は避けた方が安心です。

なお、昨日の新宿駅・東京駅・有楽町駅は・・・普通に混み合っていましたが

大きな都市と地方都市では違う間隔もあるので、住んでいる地域の実情に合わせて判断してみてください。

いつも読んでくださってありがとうございます。

2
タイトルとURLをコピーしました