やりたいこと・目的探しをやめると開運出来る?

運勢・運命を占いで使いこなして開運

今回のお話は「やりたくないことを、やっている人」へのお話です。

やりたいことをやっている人が良いとか、幸せとかという話ではありません。

やりたいことをやることは良さそうに見えますが、それはそれで大変さもしんどさもあります。

やりたいことよりも必要な事を優先する効果

やりたいことを探す、好きなものを見つけようとするよりも、目の前の事に専念する方が幸せに生きる上で、効率が良いことが分かってきました(数字では表せませんが、印象として強く感じています)。

「やりたいことを探す、自分がやりたいのはこんな事じゃ無い、他に何かある」と考え、がんばって疲れてしまったり、長いこと目の前の事に手が付かない人がいます。

「本当」を探そうとすることで、迷走してしまう感じです。

この傾向はここ10年ぐらいから、ご相談の中に含まれてきている実感があります。

世代的には30代後半以上の人が、おちいりやすい感覚なのかもしれないです。

やりたいことをやって良い、好きに生きて良いという風潮があり、経済的にもそれが出来る環境があった人もいるのだと思います。

でも、実際にはやりたいことが見つからない、何が好きか分からない感じです。

やりたいことがあることが正しい、好きなものがあることが本当、という考え方に縛られると苦しくなります。

心にモヤモヤしたものを抱えることで、目の前の事に本気で取り組めないです。

いつかは〇〇という感じになっているからかもしれません。

今は時代的なこともあり、本人がその気になり、選ばなければ、大抵のことに着手出来る選択の幅が広い時代です。

自由だからこそ、どうしたら良いか分からない、教えて貰えない不自由さが出てきています。

必要な事を優先すると人生が変わってくる

今の状況に不安を感じるなら、足下から見直していきます。(不安を感じない人は、今はタイミングではありません)

何かを見つけようとするのではなく、今ある自分の環境を大切にする(ここからスタートする)ことから始めると良いです。

今出来ることと想いに違いがあると、苦しくなることがあります。

自分を不安にしないためにも、目の前の事に取り組みます。

魅力の無い、おもしろみを感じないやり方に見えるかも知れませんが、迷走していたり、苦しく感じている人にこそ必要な手法です。

目の前の事に取り組む効果は様々あり、とりあえず今必要な事が片付けられていきます。

いろいろと理由を付けて後回しにしていたものも、片付いてきます。

やるべきことが片付くと、未来が見えてくる

目の前の用事を片付けていくことで、本当の人生が今の人生に追いついて来ます。

未来に全力で意識を向けていた頃に比べ、目の前の事に取り組むようになることで安心感が出てきます。

更に、目の前のことに取り組むことで、以前は気にもしなかったことの中に、少しずつ気になる事が出てきます。

今まではずっとやりたいことを求めていたにもかかわらず、今、目の前の中に関心が持てることが出てくるのです。

自分の中に確かなことが増えていき、自分がどうしていくと幸せなのかを実感してくるようになります。

やりたいことを探すのではなく、目の前のことに重点を置くだけで人生が大きく変わります。

やりたいことを求める人は、自分自身に期待出来る人

自分に期待出来るけれど肝心のやりたいことが見つからないと、何を自分に期待したらよいか分からなくなり空回りしていきます。

それなら、やりたいことも大事だけど、まずは自分の目の前の事に意識を向け取り組むようにします。

時間は掛かりますが、ここから始めて行くことで今までと違った感覚になっていきます。

これはいつから始めても大丈夫で、何歳でもOKです。

0
タイトルとURLをコピーしました